センサの知恵の輪

features

オフショア開発
Offshore development

オフショア開発(Offshore development)

ベトナムの市街地

オフショア開発とは

システム、アプリケーションなどの開発業務を海外の企業やリソースを活用して開発などを委託する手法の1つです。もとは、開発コストを抑える手段として企業に広がり、今では自社システムの開発を行う事業会社などにも拡大しています。最近は、人件費削減のみならず、アジア圏の優秀なエンジニアの確保という側面も強くなってニーズが変化してきた一面もうかがえます。

センサに特化したオフショア開発を行っています

知恵の輪では、国策として優秀なITや電子機器エンジニアを輩出しているベトナムで、自社開発やラボ型開発を行っています。弊社日本とベトナムの両面サポートの下で、エンジニアによるさまざまなセンサや制御機器の開発に対応しております。ベトナム国内にはオフショア開発に適した人材の質の高さに加え、日系やベトナム系など、さまざまなニーズに対応できる開発企業が存在するという点も見逃せません。

ラボ型開発で対応しています

ベトナム在住のベトナム技術者でお客様専属の開発チームを編成し、お客様・弊社責任者が協力して開発を行っていきます。弊社のサポートやブリッジSEがお客様とお客様専属開発チームのコミュニケーション等をフォローしますので、すべて日本語で対応可能です。

オフショア開発のイメージ

オフショア開発の契約

ベトナム人エンジニアのイメージ

契約形態(請負型開発とラボ型開発)

決められた仕様書どおりの開発成果物に対して対価を支払う請負型と、エンジニアを確保し人月換算で委託費を支払うラボ型(ラボ型開発)の主に2種類の契約があります。ラボ型契約では中長期的にエンジニアを確保できるため、ノウハウを蓄積できる、急な仕様変更にも柔軟に対応できるなどの特徴があり、オフショア開発を行う企業のニーズの変化に伴って徐々に浸透してきています。

オフショア開発のパイプ役となるブリッジSE

ブリッジSEは、主に言語・文化・商習慣の違いなどによるすれ違いを解消し、プロジェクトを成功に導くまでの両者のとりまとめを行います。通常のSEとは違う、ブリッジSEならではの重要な業務です。

Contact
お問い合わせ

知恵の輪(有)は、独自のセンシング技術で顧客様のニーズにお応えする開発を心がけています。
お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせは
053-438-6916
受付時間:平日9:00~18:00(定休:土日祝日)

ページトップへ戻る